• オールオンフォーインプラントと総入れ歯の費用差

    全ての歯を失ってしまったり、残った歯を保存することが難しいような場合、治療の選択肢はインプラントか総入れ歯のどちらかとなります。


    この時、一般的なインプラントを考えると全ての歯を支えるだけの顎の骨が確保できず、大掛かりな手術が必要となってしまったり、埋め込む人工歯根の本数が多くなることから費用も高額となるなど、治療が難しいケースがあります。

    利便性を重視したオールオンフォーのインプラントに関する情報を参考にしてみてはいかがでしょうか。

    こうした治療困難な症例ではオールオンフォーインプラントを活用することが適切です。
    オールオンフォーとは、4本のインプラントをバランスよく埋め込むことで、10〜12本の固定式の人工歯を支えるという治療法です。


    埋め込むのが4本で済むことから顎の骨が確保できないということが起こりにくく、手術にかかる期間を短く済ませて、すぐに使用できる歯を取り戻すことができる、費用も抑えることができるといったメリットがあるのです。
    このように魅力的なオールオンフォーですが、総入れ歯と比較した場合、どれくらいの費用差が発生するのかは、治療の選択をする上では気になることでしょう。

    Girls Channel情報全般について知りたい方のお手伝いをします。

    まずオールオンフォーは基本的に保険適用外とされますので、180万から200万円程度が相場となります。

    一方、総入れ歯は保険適用で作成できますので2万から3万円程度が相場となります。



    もちろん、保険適用外のものを作成した場合、費用は20万から40万円程度が相場となります。
    オールオンフォーと総入れ歯では、比較してみるとかなりの費用差があるため、どちらが自分に適しているのか、希望を叶えることができるのかをしっかり考えて選ぶことが大切です。

  • 身に付けたい知識

    • インプラントは、入れ歯に比べると新しい治療です。どちらも歯を失ってしまったときに行う治療ですが、治療方法は大きく変わります。...

  • 耳より情報

    • 人間の永久歯は抜けてしまうと、それ以上歯が生えることはありません。そこで、全ての歯を失った患者さんは総入れ歯という治療を行います。...

  • 詳しく知りたいなら

    • 多くの歯を失った場合は入れ歯で対応することが多いですが、総入れ歯となると噛む力も弱くなりますし、特に下の歯は動きやすく、食事がしづらい、痛みが発生するなど様々な悩みが出てきます。ほとんど歯が残っていない場合もインプラント治療を行うと、よりしっかりと入れ歯を安定させることができますので、治療も検討してみてはいかがでしょうか。...

  • ためになる情報

    • 多くの歯を失ったとき、最も困るのは発音と食べることでしょう。勿論審美的なこともあるでしょう。...